1923年6月11日~20日(嘉三14歳)

6月11日 月曜日 曇

朝、四時二十分起き。下げ針をあげにいったら、昨日盗まれた一本はあって、

朝一本ぬすまれた。二ぴきとれた。

上りの一番(列車)で母が羽黒(実家)に行った。学の友を○○した。

田中屋の立舞(建前)なので、行かなければならないのであったが、

一人なので行かなかった。二時母が帰ってきた。立舞(建前)でもちを八十ぐらい拾ったり、もらったりした。

〇舟遊び〇がきた。下げ針をかけに行ったものの、橋ぎわになんとなく、隣〇つな日であった。

6月12日 火曜日

泉水を福原の人にこしらいてもらった。

朝、うなぎ一匹。

川田 下げ針をかけに行った。

6月13日 水曜日

なまづ(鯰)一ぴき

川に、しの(篠竹)を取に行った。

○○の手?をやった。

今日も泉水をこしらて、できなかった。

学の友を発行した。

夜、さげばりを懸けてから

夜、釣りに行き、一匹も釣らない。

6月14日 木曜日 晴

朝、なまづに、うなぎ合計三ぴきとった。

堀を乾して鮒を取った。

講義録が〇きた。

夜、さげばりをかけに行く。

裏の大工さんと、夜、修身と國語を読む。

朝、七郎※病気の様だ。

浅草※から端書がきた様で、浅草は○○んが引受る様な事が書いてあった。

ー七郎 十歳下の喜七郎四才

―浅草 向島の亥之吉の兄、寺腰新太朗

6月15日 金曜日 晴

なまづ○○うなぎ二ぴきの所、裏の大工さんに一ぴきもらった。

〇〇〇がとう※(胴)を買ってきた。

堀を乾したが一匹もとらなかった。

今日は川田君を呼ばないで、さげばりを懸けてしまった。

國語に作文、英語をすこしやた。

立花君作文を持ってきた。

※竹で編んだ筒状の漁具 荃(うえ・ど)

6月16日 土曜日 雨

午前十時頃、腸(腹)が痛むので、今日起る事ができないと思ったのだが

すぐなをつて、起きる事ができた。

さげばりは零。一ぴき大工さんのもらった。

朝から雨が降ってきた。

入梅なのかな。

6月17日 日曜日 雨

朝又雨が降り続いて居る。

さげばりで二匹とった。大工さんに一ぴきもってた。

英語の練習をする。

八幡屋で遊んだ。

さげばりをかけに行った。大工さんが行かなかったので、一人でかけに行った。

Penで足をけがした。

吉田先生、行き会った。

6月18日  月曜日 晴

朝一人でさげばりをあげに行き、二本とった。

桜?町で御婆さんを呼びにきた。

母がかわりに行く。船橋の〇を持って行く。

あまりあついので、川に水泳に行〇〇十五?度。

檜佐君にあった。しかし私の〇さげばりをかけた。

学の友の発表をした〇〇。

※御婆さんー田中嘉乃さん

6月19日 火曜日 曇

朝、〇〇〇とさげばりを上げに行った。

なまず一ぴき。井戸を〇をした。

七郎がよくなってきた。

夕方、裏の方を片つけて、後で川に父とさげばりをかけに行く。

夜、父と大観や武山の住所などを話した。

英語の練習、歴史の練習をする。

6月20日 水曜日 晴

さげばりは零。

十一時二十三分で賀陽の宮様がくるなどと、云って居た人があったので、

迎に行くと十一時二十三分でなくて、十二時半頃〇〇〇くる相だ。

中将や少将などが大勢きた。

一時頃、宮様がきた。色の黒い〇太子にすでに〇〇〇て居る様だ。

いかにも軍人らしい人だ。

学の友のをやる。

余興にぐじをつくった。 水泳に行く。

日記の一覧に戻る